« さくらの好物は虫 | トップページ | 泡の出るソープの容器NO.3 »

2004.05.12

世界の中心で、愛をさけぶ

本を読んでから見たほうが良いと聞き、
本を読んでから水曜日のレディースデーを狙い、今日観てまいりました。
ちょっと忙しい日々が続いているので現実逃避したくてね(^^;

で、
予告どおり泣けました。
泣いていらっしゃる方がとても多いように感じました。

が・・・
上映が終わり、カップルで階段を下りていらっしゃたある女性は、
「感動している方が多いようだから大きな声では言えないけれど、
本を読んでないからかなぁ?ぜんぜん感動しなかった。」
だって。
聞こえているんだってば(^^;

でも、本当に読んだ方のほうが泣けるかも。
こんな情報ばかりだと、ダブルで儲けさせてしまうではないの。
儲かる企画たてたもんだよ、ずるいなぁ~。

亜紀役の子は、まぶしいほどの若さがステキで、
私が本で読んだ亜紀と重なりました。
男の子役の子、役は上手にこなしていましたが・・・
私のイメージと違った・・・ゴメン役者さん。
透き通るような瞳を持つイメージを描いておりました。

本を読んだとき、私が描いた世界がありました。
それは、映画になった「世界の中心で、愛をさけぶ」と別の物でした。
でも、映画は映画でよかったです。

平井堅さんの歌う曲が映画を引き立てていたと思う。

|

« さくらの好物は虫 | トップページ | 泡の出るソープの容器NO.3 »

コメント

なるほど、僕は本を読まずに、試写会で見ましたが、あまりによかったので、宣伝しまくりました。僕は、コウは、やはりいらないと思うのと空港に連れて行くのは?でしたが映像も、アキもよかった。大沢も僕の中ではいい役者だと思っていましたが、評価があがりました。

投稿: こやす | 2004.05.12 22:04

こやすさん、はじめまして、こんばんは。
本を読まなくてもよかったのですね。
大沢さん、言葉少なく深い演技がステキでした(^^)
空港へつれて行くシーンは、
亜紀があまりにも衰弱しすぎていたなぁ・・・
コウさんは、ちょっとおまけってかんじでしょうか、
本では、亜紀の親とオーストラリアへ行くのですが、
それよりは絵になるね。

ということで、皆様、
ハンカチとティッシュが必要な映画ですよ~


投稿: TOKIKO | 2004.05.12 23:09

私は本も映画も未見ですが、テレビで予告を見ただけで
泣きそうになります(>_<)
私とても泣き虫なので、映画館では観れません・・・。
妹が本を買って読んでいました。
私、マンガは読むんですけどねぇ。本は苦手です。
でもコレは読んでみようと思います!

投稿: まりも | 2004.05.12 23:17

あはは(^^)
バスタオルを用意しましょ~<まりもさん

あと、長袖の服もね。
映画館ってとても寒いときがあるでしょ?
今日私は半袖で出かけてしまい、
映画館へ入る間際に
「寒かったらどうしよう」と心配になりました。
そして私のとった行動は、

映画館の並びの生地屋で2メータ生地を買って
ストール代わりにしました。
新宿トーワという生地屋さんには、
メーター90円の生地があるのです(^^)V
すごくTOKIKO的な発想だと
自分で感心したり(^^;

投稿: TOKIKO | 2004.05.12 23:28

うわ~ん
やっぱり、バスタオル必須なんですね。
友達を誘っていこうかと思ったけれど、恥ずかしいからひとりで行っちゃおうかな~~♪

今年、「クイ-ル」を観ても、滝涙を流してしまったのでやばいです。
それにしても・・TOKIKOさん、生地を買ってストール代わりにするなんて、発想がすごい~

投稿: お局様 | 2004.05.13 06:41

こんなに話題になってるのに本を読んでないです。
今日も同僚達がお互いに「誰か持ってない?」なんて言い合ってて誰一人として持っていなかった…。
Y!の映画を見た人のレビューをざっと読んだら、コウさんがミスキャストだという意見がちらほら。でも見たら絶対泣いちゃいそう。

投稿: com | 2004.05.13 22:10

お局様、comさん、こんばんは(^^)

「クイール」観なかった~
たまに涙を流す映画を観るといいよね。
私は泣きそうな映画は一人で見に行きます(^^)

コウさん、ミスキャストだろうか?
私は深い光のありそうな瞳をした彼女は
ミスキャストだと感じなかったなぁ・・・
コウさん本人のキャラクターをよく知らないからかな。
なにせTOKIKOは芸能人音痴なのよ~
目の前に芸能人がいても気が付かないほど(^^;

本と映画両方となると高いものね。
本は何度も読むとは思えないので、回し読みで十分だと思う。

投稿: TOKIKO | 2004.05.13 23:40

こんにちは。
「本を読んだとき、私が描いた世界がありました」という表現ですが、まことに言い得て妙ですね。

投稿: ネクター | 2004.06.23 23:35

ネクターさん、コメントありがとうございます。
本を読んだ時は、好き勝手に美化してましたからね(^^;
もしかしたら・・・
数年したら、この映画の感動は忘れてしまうかもしれません。

投稿: TOKIKO | 2004.06.24 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12421/581153

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心で、愛をさけぶ:

« さくらの好物は虫 | トップページ | 泡の出るソープの容器NO.3 »