« 沖縄*5アリビラの朝 | トップページ | 沖縄*7 万座毛・座喜味城跡 »

2008.10.18

沖縄*6きしもと食堂・美ら水族館

ホテルで朝食をとったあと、美ら水族館へ向かいました。

沖縄の道は広いので、渋滞する事無く、す~いすいと進めるのですが、
読谷村から美ら水族館へ向かう途中、ちょっと脇道にそれ、
腹ごしらえ。(さっき食べたばかりでしょと言われそう(^^;)

沖縄そばの専門店「きしもと食堂」へ立ち寄りました。

084

まっぷるマガジン沖縄からの引用
親子四代、100年以上変わらぬ伝統の味
昔ながらの製法を受け継ぐ、明治時代創業の
店。店の外に山積みされたイジュの薪で湯を
沸かし、その時に出た木炭を使って麺を打つ
ことで、コシと弾力が生まれる。これにトンコツ
とカツオだしの効いたコク深いスープがマッチ
して、独特の風味を醸し出している。

店に入ると、ものすごい量の芸能人のサイン入り色紙が
所狭しと飾られてました。
11時オープンなので11時に入店したのですが、
15分もたたないうちにほぼ満席。

そばのメニューは大と小があり
小を頼もうとしたら、子供用だから少ないと言われたので、
大を頼みました。

でも、その後一人で現れた地元の方らしき男性は
小を頼んで食べてました。

私もそれで充分だったなぁ・・・(^^;

081
普通に、おいしかったです。

その後美ら水族館へ向かいました。

088

入口の前にあったイルカの周りからミストがシュワ~っと出ます。
暑い日は良いですねぇ~

091

水族館の中に入ってすぐのところに生きているヒトデやナマコが展示されていて
触ることができます。
黒いナマコは柔らかかったけれど、この綺麗なヒトデはゴムみたいな感触でした。

094

かわいいおさかな

097

ちょっと、こわいおさかな

109

113

下から見たマンタ

そして

104

巨大なジンベイザメ

にょろにょろ」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

なんとも、不思議な生物ですねぇ~
昔、手塚治さんの「火の鳥」に、
これと似た宇宙生物が出てきたような・・・

何時間見ても飽きないような水族館ですが、
二泊三日の旅行なので観光出来る時間はわずか。
次の目的地「万座毛」へ向かいました。


|

« 沖縄*5アリビラの朝 | トップページ | 沖縄*7 万座毛・座喜味城跡 »

コメント

あ!!にょ、ニョロニョロだー!!@@
これは写真で撮ってみたいなあー!
今頃の沖縄って何度くらいあるのでしょう?
こちらは今日明日は24度くらいです^^

投稿: Nicole | 2008.10.19 02:32

Nicoleさん、コメントありがとうございます♪
綺麗な色だし、面白い生物ですよね~
出たり、引っ込んだり、
シッポの方の状態がどうなてるのか
引きずり出してみたい衝動にかられちゃいます。
透明の砂だったら楽しいのにな。

のんびり更新になってますが私が行ったのは10月上旬、
半袖で十分の気温でしたが
夜は関東の夏と比べる過ごしやすかったですよ~

投稿: TOKIKO | 2008.10.19 14:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12421/42821521

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄*6きしもと食堂・美ら水族館:

« 沖縄*5アリビラの朝 | トップページ | 沖縄*7 万座毛・座喜味城跡 »