« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.30

「熱風」千秋楽観て来ました

Showphoto

「熱風」観て来ました。
舞台の上で女性5人の生き様、
舞台には上がっていないはずの男達が見える劇で、
笑いあり、涙あり、とても楽しめました。

途中ドキッ!とするような演出も!
ほんと、ビックリしました~

個性が違う女性を演じる女優さんたちの演技は
それぞれとても見ごたえありすばらしかったのです。
その中でも特に心を打たれたのは斉藤とも子さんの演技、
ナイフのように心を突き刺す演技に涙!

もう一度観たい舞台です。続編はあるのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.27

包丁買っちゃった

包丁、結婚してから何本買ったでしょ・・・

今までホームセンターで高めのを買い、
砥石で研ぎながら使用していたのですが
数年で切れ味が悪くなり買い替えるの繰り返しでした。
高いと言っても5000円以内のステンレス包丁です。

先日は、デパートの包丁売場で説明を聞いているお客様がいらしたので、
私も一緒に聞かせていただいているうち、
衝動買いでしようかなという気になったのですが二万円近くする商品なので
買っても使い切れなかったらいけないと思いちょっと一日頭を冷やしましたが
やはり買おうと思い、翌日買っちゃいました♪

Rimg0044

まずは玉ねぎのスライス。

包丁を入れたら

「ストン!」

って刃が落ちる!
思わず

「ウフフ・・・」

あまりにも軽く包丁の刃をまな板に落として笑う私を見て夫が

「え?切れないの?」

と聞く。

違うのです、力入れなくても切れちゃったのです。

今まで私は料理にだいぶ無駄な時間とお金をかけていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.23

再建された六角堂へ行きました

先日、東日本大震災の津波で流されてしまい昨年再建された、
岡倉天心が愛した六角堂を見てきました。

015s

天心亭から海へ降りた所に建つ六角堂

011s
クリックすると大きな画像で観る事が出来ます

009s
クリックすると大きな画像で観る事が出来ます。ガラス越しに見たうねりが面白いです

六角堂の窓越しから膿を眺める

昔、日本でも使用していた歪みのあるガラス窓から海、
天心はこのガラス越しに海を眺める事もあったのでしょうね。
このガラスはイギリスから仕入れられたようです。

020s

天心亭から海を眺める

007s_2

穏やかな海でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.01.19

さくらさく 

12月、剪定したソメイヨシノの枝を拾い、窓辺に生けておいたら

001s
(クリックすると大きく開きます)

昨夜開花!

006s

今日もキラキラ元気に咲いてます。

受験生たちのさくらさけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.18

1月も半ばですね

気が付けばもう1月も半ば過ぎ、このブログが8年を過ぎました。
ブログを初め数年間は毎日更新していたのに最近は・・・(^^;

今年の正月は胃腸を崩しダウン、時間をかけて回復していったのですが、今週月曜日にまたまた一日中胃が痛くて痛くて、そのうち腸も調子が悪くなり、微熱も出てきてまたまたダウン。

4月に神楽坂のギャラリーを借りているので、ダウンとダウンの間にDM撮影する為の生地を仕入れにいったのですが、春らしい布がなかなか見つからず歩き回り疲れ切りました。

結局思うような素材は無かったけれど、今週なんとか服が仕上がり写真撮影したのですが、何度撮影しても上手く写真が写らない(;_;)

ナチュラルカラーの服なのでインパクトが薄いのです。外で撮影すると影が出すぎるし風がいたずらしてダメ。ならばと部屋で撮影しても照明がバランス悪く、ムラが出ちゃうのよね~。それに暗いところでのナチュラルカラーなので「パ!」とした華やかさが出ないの・・・でも、いくら頑張っても私の技術じゃ無理だわ(^^;

とりあえず妥協し、なんとか仕上げる事が出来てほっと一息。

雪が降った日から調子が悪く、ずっと部屋に籠り仕事してたので、食料が底を付き、昨日は久々に外に出掛けました。写真は近所の公園です。沼の上に氷がはってる~サムイサムイ~

20130117_095221s
(クリックすると大きな画像になります。)

携帯のパノラマ撮影です。最近の携帯は性能がいいですね。

そして、遅ればせながら今年の年賀状。
さくらの背中に巳年を表した手作りのヘビを乗せたのですが、受け取ってくださった皆さま、わかったかなぁ・・・

Photo

こちらの方が良かったかしら?

Photo_2

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »